COVID-19による死亡者数を類推するヒントである”超過死亡”と日本の現状

超過死亡とは

COVID-19による各国での死亡率推移

  • Financial Timesのこちらの記事ではCOVID-19による犠牲者数を、超過死亡数から類推し、欧州14カ国では把握している数字よりも60%多い可能性について指摘している。

・しかしFinancial Timesの記事ではデータソースが明記されていないため、各国の数字がどこまで公表された死亡者数に基づく分析なのか。(欧州14カ国では、このグラフで見られるようなリアルタイムでの死亡者数の公開がなされているのか?ご存知の方がいればご教授ください。)
・また” according to an Financial Times analysis”によるとあるがその信頼性がどこまでのものなのかは判断が難しいところ。
・この記事へのコメントはすでに閉じられており、有意義なディスカッションも期待できない。
・(Financial Timesの記事についてはこちらの記事でも紹介され内容について活発に議論されているので参照されたい。)
・しかし、このリアルタイムに超過死亡を推定、可視化しようという試みは非常に有意義。
・特に日本ではPCR検査数が様々な要因で限られており、感染者の全体像を推し量るのは難しく、超過死亡の推定は一つの指標として有効な可能性がある。

日本におけるデータ

同様に日本における超過死亡を推量しようとする場合、以下のように日本における公開データは即時性や詳細性ともに不足しており、他のデータが無いと難しいと思われる。

  • 日本の総死亡者数
    ・厚生労働省 人口動態調査の人口動態統計速報が最新のデータか。
    ・ただし、これは毎月の最終週に2ヶ月前のものが公表される。
    ・そして全数のみの公表で、年齢層別などのデータではないため、年齢補正などはできない。
  • 東京都の総死亡者数
    人口動態統計年報(確定数) 平成30年の第11表 死亡数・死亡率、年齢(5歳階級)別・対全国比較が最新か。
    ・1年毎のデータであり、即時性にかける。
  • 大阪府の総死亡者数
    ・大阪府 平成30年 人口動態調査(2019年)の 6. 死亡数、性・年齢(5歳階級)・市町村別が2020年3月30日に公表されたものが最新か
    ・こちらも1年毎のデータであり即時性にかける。
  • これらの点については、今後日本のオープンデータのあり方や、超過死亡の研究が着々と行われることが望まれるが、現時点で可能なことはとして、日本の総死亡者数について手元にあるデータについて可視化することと思われたのでこちらに転載する。

日本全国の月別総死亡者数

  • 毎年のトレンドとしては夏に低く、冬に多くなる。呼吸器疾患、冠動脈疾患などが関係していると思われる
  • 2020年(赤線)は(2月までのデータではあるが)例年どおりの水準を推移していると思われる。
  • 最近の2018年(緑線)、2019年(黄土線)は例年と比較して高めであり、2020年はそれらと比較すると相対的に低く見える。
  • 2014年などと比較すると6年の間に日本人口の年齢層別構成や疾患構造の変化などもあるかもしれないため、念の為に直近4年間の同月平均とも比較を行った。

・こちらの比較でもやはり2018年、2019年と比較しても2020年は相対的に総死亡者数は低い傾向がある。

・以上のように2020年の総死亡者数を見たが、2月までのデータでは例年どおり、もしくは例年より低く出ていると思われる。もし3月、4月以降、この傾向が変化するとすれば、もしかするとCOVID-19の影響があるかもしれない。

・しかしそもそもCOVID-19が本格的に広く認知されてから、手洗いうがいなどの衛生的観念が国民全体で上がった結果、インフルエンザや肺炎などの罹患率が下がること、また更に時期が後になると外出自粛や交通量減少などによる交通事故の減少があり得る。また逆に家庭内にとどまることによる健康被害や経済停滞による自殺者の増加など、様々な要因が絡み合ってくることであり、超過死亡はそれらもまとめた間接的な社会への影響を知る重要な指標である。この数字だけでなにか言うことはできない。いずれにせよ、3月、4月のデータが出てくることが望まれる。

--

--

Love podcasts or audiobooks? Learn on the go with our new app.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store